奥歯の大切さ

歯科2020.04.03

今日は、からだの左右対象についてお話させていただきたいと思います。

美しい顔って左右対象であればあるほどきれいに見えるって知ってますか?

また、体の健康もなるべく左右対象にしていくことが関節や内臓への負担が減ります。

では、左右対象ってどうやって作っていけばいいのでしょうか?

からだの中心、骨盤が重要な役割を担っています。

骨盤調整をしてしっかり骨盤底筋群を鍛えることが大切です。

そこから左右同じような筋トレをすると良いと言われています。

そして、今日お伝えしたいのは、筋トレする時はもちろん、椅子に座っていて立ち上がる時、普段の歩く時、基本人が運動をする時って、噛み合わせがとっても大切なんです。

ということです。

奥歯を噛み合わせずに椅子から立ち上がろうとしてみてください。

普段よりふとももの筋肉に負担がかかっているのかわかりますか?

奥歯で噛み合わせて食いしばることによって、人間はやっとパワーを発揮できるのです。

最大の人間のパフォーマンス力は噛み合わせや、奥歯があるかないかで決まります。

死ぬまでしっかり健康で、自分の足で歩くためには、歯が大切です。

そして、歯の左右対称がそのまま反映されてしまうのが、お顔の見た目です。

片側しか歯がないと、歯がある方ばかり使うので、そちら側の筋肉がたくさん使われて大きくなっていってしまいます。

噛む筋肉は顔のエラと呼ばれる部分で一番大きい筋肉なので、それが発達すると顔が大きく見えてしまいます。

一番大きい筋肉は、周りの筋肉とも繋がっているのでその繋がっている筋肉も引っ張られてしまい、徐々に顔の半分だけゆがんで来てしまします。

また歯がなくなると、口角も下がってしまったり、法令線がよりくっきりとついてしまい、プラス5歳~10歳老けてしまうと言われています。

歯の噛み合わせのあったスペース部分が全てたるみに変わってしまいます。

一度たるんでしまった皮膚や筋肉を戻すのってほんとうに大変で、なかなかできないでしょう。

なので今ある歯をしっかり守って、なくならないようにすることが、アンチエイジングにも、心と身体のケアにも、自分の幸せな人生にもとっても大切なのです。

おじいちゃま、おばあちゃまで姿勢がしっかりされていたり、ご自分の足で歩くことができてあられる方は、ほとんどの方が奥歯があります。

また食べることは生きること。

おいしいご飯は、入れ歯ではなかなか食べられません。

自分の歯でしっかり噛みしめて、味わいながら食べて下さい。

左右対象でしっかり噛むこと、そして食いしばる力を衰えさせないこと。

それが美への第一歩であり、きれいの秘密なのです。

美と健康はお口から。

大切な自分の人生は、自分で選んで選択できます。

心からの笑顔で、毎日楽しく笑顔で過ごして下さいね。

お仕事・講演の依頼はこちらから

info@yukiyamauchi.jp ワイワイデンタルクリニック赤池

リリースのご案内・製品等の送付先

〒470-0124
愛知県日進市浅田町笹原8-136
グランドファミリア赤池2号館2階
ワイワイデンタルクリニック赤池